「 寄 ・ 木 ・ 染 」  露木清勝 ・ 吉谷美世子  作品展

日時:平成29年11月14日(火)~12月4日(月)
時間:10:00~20:00 (最終日17時まで)
場所:小田原地下街・TAKUMI館内イベントスペース


 「   寄 ・ 木 ・ 染   」  露木清勝 ・ 吉谷美世子  作品展

様々な色彩の樹々を寄せる伝統の寄木細工。
これらの樹々を使って、絹と羊毛を染めた布フェルトのストールやマフラー。
この異なった素材を見事に組み合わせた、新い試みをお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TAKUMI館では初めての、木製品ではないものがならびます。
寄木の木で染めた絹は、木から染めたとはおもえない、明るくきれいな色合いです。
寄木細工と染色とがならんだ空間は今までに見たことがない、やわらかい新しい雰囲気です。
このような展示販売はなかなかないので、ぜひ、お立ち寄りください。

[Edit]

スタッフ募集のお知らせ

 

 

 

 

 

TAKUMI館では、ただいまスタッフ募集をしております。

小田原の木工職人が丁寧につくった木製品の良さや素晴らしさを

多くの方に一緒に広めていきませんか?

 

募集要項

・TAKUMI館 販売スタッフ

・業務内容: 接客・品出し・発注など

・勤務日数: 週2日ほど 1日5~6時間ほど

○交通費支給(規定あり)

○日曜・祝日も働ける方

○木製品や雑貨が好きな方

 

TAKUMI館にお電話ください。面接日時などご連絡いたします。

ご質問などございましたら、お気軽にお電話ください。

電話:0465-46-9306

担当:小野

「からくり創作研究会作品展」

日時:平成29年11月7日(火)~11月13日(月)
時間:10:00~20:00 (最終日17時まで)
場所:小田原地下街・TAKUMI館内イベントスペース


 「   からくり創作研究会作品展   」

今回は「手数が多いからくり箱」と「1回で開くからくり箱」の大特集です。
開けるために途方もない手数を必要とするもの。
片やたった1回で開ける事ができるもの。
開けるための「手数」に注目した展示です。
職人は居りませんが、ぜひおいでください。

1536回の手数が必要なからくり箱は、見るだけで想像がふくらみます。
回答もお店においてあるのですが、なにかのレポートや研究のよう。
からくり箱の奥の深さに、さらに気づかされます。